看護学校を目指す高校生がやるべき受験勉強は?自分に合う学校の選び方も解説

患者に寄り添いケアをする看護師。大きな責任とやりがいがある仕事です。看護系の学校・学部は高校生の進学先としても人気が高く、競争を勝ち抜くには入念な準備と受験勉強が欠かせません。

今回は「看護師になりたい!」高校生のために、自分にピッタリ合う学校の選び方や受験勉強の進め方、また看護学校の種類について解説していきます。

看護師になれる学校は「大学の看護学科」か「専門学校」の二択!

看護師になるためには、大学または3年以上の教育を受け、看護師国家試験に合格しなければなりません。

高校卒業後に進学できる看護の教育機関には「4年制大学の看護学部」「看護短期大学(3年制)」「看護専門学校」等があります。

まずはそれぞれの違いやメリット・デメリットを整理してみましょう。

4年制大学の看護学部とは?

4年制大学の看護学部では、4年間かけてじっくりと看護について学びます。多くの大学は1年次を教養課程として位置づけ、専門教育に偏らない幅広い講義を受けられるようになっています。

また附属の大学病院で実習を行える大学もあるなど、教育環境も充実しているのが特徴です。

大学看護学部のメリット・デメリット

大学看護学部のメリットとデメリットは、次の通りです。

メリットデメリット
・幅広い教養が学べる
・教育環境が充実している
・助産師や保健師の資格が取れる場合もある
・短大卒や専門卒に比べて初任給が高め
・4年分の学費がかかる
・卒業までに4年が必要

看護短期大学とは?

看護短期大学とは、看護師国家試験受験資格を3年の教育課程で得られる学校です。大学同様に、看護以外の教養科目を学べるカリキュラムになっているところもあります。

卒業後に大学へ編入できる点も特徴でしょう。在学中に「もっと勉強したい!」「保健師や助産師の資格も欲しい!」と思った場合でも柔軟に対応できる点も魅力です。

看護短期大学とは?

看護短期大学のメリットとデメリットは、次の通りです。

メリットデメリット
・大学より1年早く就職できる
・大学に編入できる
・2年で卒業し、「准看護師」として働くこともできる
・養護教諭二種免許が取得できる場合もある
・4年制大学ほどには専門的な学びが得られない
・近年は進学者数が減少傾向にある・学校の選択肢が少ない

看護専門学校とは?

看護専門学校3年で看護教育を修め、看護師国家試験受験資格が得られる学校のことです。2年の修学で「准看護師」になることもできます。

短期大学と似ていますが、実技や技術習得を重視した看護特化型のカリキュラムに特徴があります。

看護専門学校のメリット・デメリット

看護専門学校のメリットとデメリットは、次の通りです。

メリットデメリット
・大学より1年早く就職できる
・2年で卒業し、「准看護師」として働くこともできる
・大学より学費が安い
・学校の選択肢が多い
・授業が過密になりやすい
・助産師や保健師など、看護以外の資格が
取りたい場合は、大学に入り直す必要がある

看護学校の入試科目を知ろう!

進学に当たっては、それぞれの学校でどのような入試科目が必要なのかも問題になってきます。履修していない科目や不得意科目が必須だと、厳しい入試にならざるを得ないでしょう。

ここからは高校卒業後の進路として選ばれることが多い「大学」「看護専門学校」に絞り、入試科目の傾向を解説していきます。

国公立大学看護学部の入試科目

国公立大学の場合は、共通テストと2次試験の得点を合算し、合否が決まります。多くの国公立大学看護学部の入試科目は、共通テストは5教科6~7科目/2次試験は英語・理科と面接ということが多いようです。

◎ 共通テスト
英語、数学IAIIB、国語、理科2、地歴1

◎ 2次試験
英語、理科1~2、面接

私立大学看護学部の入試科目

私立大学看護学部は、大学個別試験を受験し合否が決まります。また小論文を課す大学も多いので、しっかりと対策しておかなければなりません。

◎ 大学個別試験
英語、数学IAIIB、理科1~2、小論文

看護専門学校の入試科目

看護専門学校は、学校ごとの試験を受けて合否が決まります。入試科目は基本的に「英語、数学、国語」の3教科というところが多く、面接も実施されます。

小論文を課す学校もあります。

推薦入試で進学する

大学・看護専門学校とも、推薦入試という受験方法もあります。

私立大学は「指定校推薦」という制度がある場合が多く、高校側に推薦枠を提供します。また学校推薦や総合型選抜など、高校時代の頑張りや得意を活かして受験することも可能です。

専門学校の推薦入試は、学校によって実施状況が異なります。学科試験は最大4教科(国語・数学・英語・理科)+面接のケースが多く見られます。

自分に合った看護学校の選び方

全国にさまざまある看護系の学校。できれば自分に合った、充実した学生生活が送れる学校を見つけたいですよね。

ここからは高校生が看護学校を選ぶ際に気を付けたいポイントを解説します。

教育環境や実習状況を調べる

まず学校の教育環境や施設・設備、実習状況などをチェックしましょう。医療は、日々刻々と新しい技術や薬が開発される、日進月歩の分野です。常に最新の情報に触れられるか、学びをアップデートし続けられる環境か、確認してください。

また看護の実習先となる病院や実習設備も調べておくのがおすすめ。看護学校の中には、病院と同レベルの施設設備を持っているところもあります。また学校と病院が隣接していると、実習先で得た知識を学校ですぐに復習できるというメリットもあります。

自分が譲れない基準をはっきりさせ、さまざまな角度から比較してみてください。

教育理念や校風を調べる

気になる学校があったら、教育理念や校風を調べてみましょう。アドミッションポリシー(入学者の受け入れ方針)を見るのもおすすめ。その学校がどのような学生に来てほしいと願っているかが分かります。

大切なのは、大学の名前や評判、イメージだけで判断しないこと。

3年、あるいは4年かけて自分が学びたいことや得たいスキル、伸ばしたい部分をしっかりと指導してくれそうか、チェックしてください。

大学のパンフレットを取り寄せたり、オープンキャンパスに参加するのも良いですね。またその学校に進学した先輩がいれば、ぜひ話を聞いてみましょう。生の情報を得ることができますよ。

看護師国家資格の合格率も、チラッとチェック!

看護師国家試験の合格率が気になるという高校生も多いはず。学校選びの際、チラッと見ておきましょう。

「チラッと」と言ったのは、看護師国家試験の合格率というのは学校を選ぶ際の参考にはなっても、決定打にはなりえないからです。

合格率がよほど極端に低い学校は、教育環境や設備、指導方針などに問題がある可能性があるので除外するとしても、95%と97%と99%には、どんな差があるというのでしょう。ほぼないですよね。

大切なのは、看護師国家資格は「自分で受かりに行くんだ」という意識で勉強することです。良い教育、素晴らしい環境があっても、意欲がなければ合格は無理というもの。

合格率が極端に低い学校以外は、学びと環境を自分で活かし、自分の合格に向けて邁進していけばOKだと考えましょう。

看護学校に合格できる受験勉強とは?

看護学校を目指す高校生が押さえるべき、受験勉強のポイントとはどのようなものがあるでしょうか?

すべての看護系受験生に共通する、4つのコツをまとめました。

高1・2の基礎内容を大切に

共通テストでも大学の個別試験でも、看護専門学校の入試問題でも、すべてにおいて重要なのは「基本学力」です。特に高1・2の学習範囲を、何度も繰り返し徹底的にマスターしておいてください。

たとえば共通テストは、全体の約8割が高2までの範囲から出されます。また高3の学習内容は、高2までを土台として成り立っているということも、日頃から感じることでしょう。

受験勉強の基本は、高1・2にあります。

基礎を軽視せず、理解を深めておきましょう。

過去問を研究し、傾向に合わせた対策を

入試問題は、学校ごとに「傾向」があります。志望の学校が決まったら、過去問を入手し、傾向を踏まえて対策を立てるようにしてください。

傾向とは、たとえば次のようなものです。

  • 特定の「出やすい分野」があるか
  • 必ず出る「問題形式」はあるか
  • 試験時間に対して問題のボリュームはどれくらいか
  • 選択式か、記述式か
  • 定期的な変更はあるか

大学入試の過去問「赤本」には、冒頭にかならず大学ごとの傾向がまとめられています。読み飛ばしてはいけませんよ。

面接は練習を、小論文は必ず添削を受けること

看護学校では面接や小論文も課されます。

面接は、自分が「十分練習した」「自信を持って本番に臨める」と感じられるまで、何度も模擬面接を行いましょう。模擬面接は学校や塾、予備校の先生に頼むとやってくれることが多いですよ。

「よく聞かれる質問」には、あらかじめ答える内容を用意しておくのもポイントです。

小論文は過去問を中心に練習し、書いたものは必ず添削してもらってください。第三者のチェックを受けると、自分では気づけなかったミスや不備が見つかります。こちらも学校や塾、予備校で添削を依頼すると良いでしょう。

また面接、小論文に共通する対策として、医療系の知識を得ておくこともおすすめ。最近のトピックスや話題の医療技術など、一般的な知識は新聞やニュースなどを利用して目を通しておいてください。

学習計画や不安点は相談しよう

どれだけ綿密な計画を立て入念に対策をしても、不安は付きまといます。不安や心配事は、学校や塾、予備校の先生など、受験に詳しく信頼できる人に遠慮なく相談してください。

おすすめの勉強法や質問解決のほか、予想外の受験機会や学校を教えてもらえることもあります。合格のために、周りもどんどん頼るのがコツですよ。

まとめ

高校生に向けて、看護学校の種類や選び方、受験勉強のポイントを解説してきました。

  • 早めに志望校を決め、学習計画を立てて勉強を始めること。
  • 志望校は教育理念や環境、施設、入試科目を総合的に考えて決めること。
  • 受験勉強の基本は高1・2、基本をおろそかにせず取り組むこと。
  • 推薦入試があれば利用し、面接・小論文の対策もしっかり行うこと。

以上の4点を意識して受験勉強を進めれば、きっと看護学校合格が手にできます。最後まであきらめず、自分を信じて突き進みましょう。

---

東山学館看護受験ゼミでも、看護学校への進学相談や受験勉強計画、また面接や小論文対策も行っています。ご相談はもちろん無料、プライバシーに配慮し個別に実施しています。
こちらからお気軽にお問合せ・ご予約ください!

ディレクター
土井清孝

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

・志望校選びを個別に相談したい
・具体的な志望大学の受験対策とスケジュール感を教えてほしい
・志望大学の受験対策におすすめの参考書・教材を教えてほしい
・浪人するかどうか迷っている

といった方は、東山学館看護受験ゼミの無料受験相談にお申し込みください!

現在の学力・志望大学に合わせた具体的なアドバイスをお伝えします!